2010年02月16日

履歴書をきれいな字で書く

履歴書を書く場合、多くの場合手書きで書きますよね。

この履歴書を手書きで書く場合、字がきれいなことというのは非常に大事になってきます。

人間は見た目で80%判断されてしまうなどというニュースもありましたが、履歴書の場合も同様に字のきれいさ・汚さでその人となりを判断されてしまうケースがあるので注意が必要です。

最近ユーキャンのボールペン字講座を多くの学生の方が受講しているようですが、硬筆を練習している方が増えてきているようです。

ユーキャンのほかにも、がくぶんのボールペン習字 講座なども人気のようで、就職難の時代だからこそ、ボールペン字を練習して、少しでも印象を良くしようという方が増えてきているのですね。

現在の不景気が良くなってくれればいいのですが、アメリカやヨーロッパの世界経済を見ていると、あまり良くなる気配はありません。

そう考えると、就職難の時代はこれからも続くでしょうから、履歴書の書き方も大事になってきますよね。

小さなことかもしれないですが、小さなことがつまずきとなることも珍しくありませんので、履歴書をきれいな字で書くということを忘れないようにしましょう。
posted by 履歴書の書き方 at 13:57| 履歴書の書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

内定取り消しと就職活動

先日のニュースで大学生の内定取り消しが300人以上出ていると報道されていました。

大学生は内定を取るまでに1年以上いろいろな活動をしていますよね。

例えば資料請求・履歴書の作成・セミナー参加・会社説明会参加・面接など、いろいろな過程を経て内定を獲得することが出来ます。

その内定を簡単に覆されると、大学生としても途方にくれてしまいますよね。

最近の世界的な経済不況を見ていると、今年よりも来年のほうが就職活動がきびしくなってくることは確実でしょう。

そう考えると、現在内定を取り消されるということはさらに厳しい状況に追い込まれてしまうということですよね。

最近の派遣社員やフリーターなどの非正規雇用者のきびしい現実の報道を見ていると、やはり正社員にはきちんとなっておきたいですからね。

とにかく今は早く景気回復してくれることを祈るしかないのでしょうか。
posted by 履歴書の書き方 at 16:06| Comment(31) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

履歴書の職歴の書き方

履歴書の職歴の書き方について皆さんはどのようにお考えでしょうか。履歴書を提出する際に職務経歴書を一緒に提出するので、あまりこの職歴欄について深く考えていない方は結構多いようです。

しかしながら、職歴欄というものは履歴書の中でも意外と大事な項目となっています。

なぜなら大きな企業などの場合では、大量の就職・転職希望者がいるため、それほど長い時間をかけて履歴書を見ることができず、職務経歴書まで手が回らないことも珍しくないのです。

ですので履歴書の職歴の書き方としては、慎重にきちんと書く必要があるということになりますね。

履歴書の職歴の書き方として注意したい点は、会社名だけでなく、「配属部署」「職務内容」もきちんと記載するということや、「株式会社」を「(株)」などと省略しないことや、応募している会社の職務と同様のアルバイトを経験したことのある場合には、そのアルバイト履歴も掲載する。などでしょうか。

このように履歴書の職歴欄も意外と大事な項目ですので、きちんと書くようにしましょうね。
posted by 履歴書の書き方 at 17:40| Comment(11) | 履歴書の書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

履歴書の特技の書き方

履歴書の特技の書き方に悩む方も多いようですね。アルバイトやパートなどではそれほど履歴書の特技の書き方に気を使う必要はないでしょうが、就職活動・転職活動においては、この履歴書の特技の書き方もじっくりと考える必要があるでしょう。

履歴書の特技の書き方ですが、英会話ができるなど誰が見ても役立つとくぎがあればその書き方も別に難しくないですよね。そのまま書けばいいだけですからね。

しかしながら、多くの人にとって面接官に自慢できるような特技というものがないと考えているかもしれません。

私自身が知り合いの面接官に聞いたことがあるのですが、その人が言うには、面接官にとって特技自体はそれほど重要ではなく、いかにその特技に関して自分自身をアピールできるのかを試したいと考えている人もいるそうです。

ですから、例えば野球・サッカーなどのスポーツでもいいですし、歌がうまい・料理が上手などでもいいので自分自身のちょっとした特技を記入し、その内容についてうまく自分をアピールできる内容をきっちりと考えておくといいのではないでしょうか。

また、最近は簡単な手品グッズなどが数千円で購入できますので、手品を特技欄に書いておき、それについて面接で尋ねられた時に手品をすることができると、いいアピールになるかもしれないですね。

posted by 履歴書の書き方 at 17:52| Comment(0) | 履歴書の書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

志望動機のサンプル・例文

履歴書の志望動機を書くのはちょっと難しいですよね。履歴書欄はたくさんありますが、志望動機の欄が重要だということは多くの方がわかっているため悩んでしまう方も多いようです。

しかし履歴書の志望動機の欄の書き方に悩んだからといって、よくある就職サイトなどのサンプルを丸写しにしてしまうことは絶対にやめておきましょう。

もちろん就職サイトなどで紹介されている履歴書の志望動機のサンプル・例文はまとまっているのですが、多くの履歴書を見てきている企業の人事課の人たちは、なんとなくこれがサンプル・例文のようだと感じることが多いようです。

履歴書の志望動機すら自分自身の言葉で伝えられない人物を、あまり採用したいとは思いませんよね。

ですので履歴書の志望動機のサンプル・例文を参考にする場合は、自分自身の言葉できっちりとアレンジして、その文章に熱意のようなものが伝わるような文章を作成するようにしたいですね。
posted by 履歴書の書き方 at 21:20| Comment(0) | 志望動機の書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

大学3回生の就職活動が本格化

大学3回生の就職活動が本格化してきているようですね。各地で開催されている合同就職セミナーなどでは、かなりの大学3回生が集まったようです。

去年までは日本経済の調子もなかなかよく、売り手市場だったので就職活動もそれほど厳しい状況ではなかったのですが、今年はアメリカ経済・ヨーロッパ経済がリセッションを迎えたことによって日本の新卒採用状況も悪い状況となってきてしまっています。

東証に上場している日本企業の決算を見ていると、軒並み予想よりも業績が悪くなってきています。

ニュースなどでは、すでに就職が決まっていた学生の内定取り消しなども起こってきてしまっているようです。

アメリカの景気が悪くなってきたということもあって、学生の外資企業に就職したいという考えは少なくなってきているようで、日本の企業への就職を考える方が増えてきているようです。

問題はこの日本経済の低迷がいつまで続くかでしょうね。すぐに上昇基調になってくれればいいのでしょうが、景気の低迷が続けば来年になっての本格的な就職活動もきびしくなりそうです。
posted by 履歴書の書き方 at 23:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

アルバイトと就職の違い

履歴書は就職や転職といった場合でも提出しますし、アルバイトやパートといった場合でも提出します。

履歴書で最も難しいのが志望動機の書き方だと思いますが、就職や転職をする場合と、アルバイトやパートをする場合ではその書き方も違いがでてくるでしょう。

アルバイトやパートの場合は、それほど履歴書の志望動機の書き方に力を入れる必要はないのですが、最近はアルバイトやパートでも採用の競争率が高くなっているケースがあるようです。そのような場合はしっかりと志望動機を書くことによって熱意・自分の真面目さなどを売り込むことができるので、よく考えて書くとより採用される可能性が高くなるでしょう。

アルバイトやパートだからといって、志望動機の欄をまったくの白紙で提出するといったことは、やる気がないと思われても仕方がないのでやめましょうね。

一方就職や転職の場合は、しっかりと履歴書の志望動機の欄を書かなくてはいけません。

自分自身の過去の体験談やスキル・やる気などをふんだんに取り入れながらとにかく熱意が伝わるように書くといいのではないでしょうか。


posted by 履歴書の書き方 at 22:18| Comment(0) | 志望動機の書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

履歴書志望動機の書き方・重要性

履歴書は就職や転職・アルバイトの際に採用の重要な要素となってきますよね。

採用を決定する立場からすると、履歴書・面接の2つがほとんど採用の決め手といっていいので、この履歴書というものはしっかりと考え時間をかけて書く必要があります。

その履歴書の中でも志望動機は最も自分自身の特徴・能力を表現できる場所ではないでしょうか。

履歴書の志望動機の書き方として重要なことは、「自分自身がその会社に入ったときにどのようなことをしたいのか」ということをいかに説得のある言葉で表現するかでしょう。

「自分自身がその会社に入ったときにどのようなことをしたいのか」ということをきちんと書いておくと、採用されて入社したあとにも希望自身の希望の課に配属される可能性も高くなるので、そういう意味でもきちんと記載しておきたいですね。

また、より具体的に記載しておくことによって、採用する側ももちろん自分達が希望している人物を採用しやすくなるので、療法にメリットがあるのです。

ですので、「自分自身がその会社に入ったときにどのようなことをしたいのか」より具体的に熱意を持って表現することを心がけるといいでしょう。
posted by 履歴書の書き方 at 21:41| Comment(0) | 志望動機の書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。